お問い合わせはこちら

Case

導入事例

珈琲を風味よく保存する窒素ガス~寝屋川焙煎所様~

食品の酸化を防ぐ目的で、さまざまな食品保存に窒素ガスが使用されています。化学保存料を使用しない食品保存方法としても注目されています。窒素ガスは一般用と食品添加用があり、食品に関する使用の場合は食品添加用の窒素ガスを使用しています。

京阪本線寝屋川市駅の近く、こだわりのサイフォンコーヒーが人気のカフェ、”カフェボンボヤージュ”の姉妹店として開店されました、”寝屋川焙煎所”様の事例をご紹介します。

寝屋川焙煎所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご依頼から商品選定まで】

この度、新規オープンする寝屋川焙煎所でコーヒーのドリップバックの包装に使用する窒素ガスについてお問合せをいただきました。

高圧ガスボンベの中にはガスが高圧でぎゅうぎゅうに詰められているため、ボンベだけで使用することはできません。使用する際にはレギュレータ(圧力調整器)を取り付けて減圧をしてガスを取り出します。お問合せ時には、ガスと使用に必要な器材も一緒にお見積り致します。

包装機材により適したガスの圧力がございますので、まずはご使用予定の機材を確認しました。今回は富士インパルス社の V-301G (最大圧力0.15mPa, 最大流量25L/min)をご使用との情報をいただき、レギュレータの選定を行います。

ガスボンベの大きさは小型の 3.4L型・10L型の2種類を、レギュレータは当初は一段減圧式の GHN-2 (圧力0.15mPa 固定、流量 1.0 L/min~0.5 刻みで調節できるタイプ)をご案内致しました。

ご案内の後、もう少し精度の高く細かい調整ができるものがよいとご希望いただきました。お聞きしたところ他社様から二段減圧式のレギュレータを提示され、迷われていらっしゃるようでした。

レギュレータは様々な種類がございます。

今回お客様が迷われた二段減圧式のレギュレータとは、一段減圧弁を2つ直列に接続したような構造で出口側圧力の変動をより抑えることができるものです。一段減圧式のレギュレータより高額なものとなります。

ご使用予定の機材の仕様は最大圧力0.15MPa、最大流量25L/min ですので、当初ご案内しました一段減圧式の GHN-2 でも条件は満たしておりましたが、今回ドリップバックへのガス封入用途でしたため、少量のガスを少しずつ入れていくという観点ですと二段減圧式のレギュレータを選んでいただく方が高額ではございますが、よりご安心である旨をご案内致しました。

富士インパルス社 V301G,食品添加用窒素ガス

【窒素ガスセットの内容】

◆10Lボンベ 初回導入価格(2022年2月時点の価格、税抜)

食品添加用窒素ボンベ(新瓶)10L ¥28,800 

レギュレータ(BHN-3)          ¥30,000 

ボンベ台                 ¥10,000 

食品添加用窒素ガス充填費用 10L   ¥2,800 

合計:¥71,600  

※2022年2月時点での消費税は一部に軽減税率が適用され、食品添加用窒素ガス充填費用のみ8%、その他は10%となります。

 

ボンベの製造には、昨今の鉄鋼の供給不足で注文より1ヶ月かかる場合もございますが、今回はご入金確認後10日程で商品の準備が整い、納品日をご連絡、納品の運びとなりました。

マスコールでご購入いただいた決め手は、個人事業主でも購入できたこと、お問合せに細やかに対応できたこと、HPに顔写真が載っていたことと伺いました。これからも丁寧なご対応を心がけて参ります。

 

ガスのご利用を検討されているお客様は、マスコールまでぜひお気軽にお問合せください。

========================================================================

◆ガスのご購入の流れ

①ご依頼、お問合せ

②ご使用用途、ガスの種類、容量等のヒアリング

③お見積り・ご提案

④ご購入の意思決定・高圧ガスご使用についての書類へサイン頂きます。

⑤お振込み先ご案内(小型ボンベは受注生産品のため、事前にお支払いをお願いしています)

⑥ご入金確認後、ボンベ手配・ガス充填・その他圧力調整器等の器材手配

⑦納品日ご案内

⑧納品

 

※遠方のお客様へは配送のご案内も可能です(別途料金要)。高圧ガスが重量物となりますため、運送会社の都合上、個人宅への配送及びお届け時間の指定ができません。会社名を必ずご連絡ください。お届け場所によっては別途追加で送料がかかる、もしくは配送ができない場合もございます。個人宅へ配送をご希望される場合や、店舗や会社のお届けが難しい立地の場合は、近くの営業所まで配送、営業所までお客様ご自身で引取にお越しいただく等でご案内できる場合もございます。一度お問合せください。

 

◆ご使用後に空になった場合

マスコール枚方工場にて食品添加用の窒素を再充填致します。(別途充填費用・送料がかかります)お持ち込みいただく場合は送料は発生しません。充填には約1週間程お日にちをいただきます。

 

ご購入後、5年を経過して充填する時(以後5年毎)

法律上、ご購入後5年を過ぎたボンベについて(以後5年毎)、充填前にボンベの耐圧検査が義務付けられています。充填時に弊社にてボンベを確認し、検査が必要なタイミングの場合はご案内致します。耐圧検査は弊社にて検査を行い充填致します。上記充填費用に別途検査費¥5,000(税別)がかかります。

======================================================================

マスコール導入事例一覧はこちら

ガスによる食品保存を試してみたい方はマスコラボへ!

Masscollabo サイトはこちら


珈琲を風味よく保存する窒素ガスの
ご相談はこちら

Contactお問い合わせ

ガス・弊社取り扱い機器のご注文やこんなことできない?など
ガスに関することは、お気軽にお問い合わせください。

F
ガスについて

ガスの使用・製品に関するご相談やガスのご注文はこちら。

G
ガス以外の商品について

ガス以外の商品に関するご相談やご注文はこちら。

g
その他のお問い合わせ

マスコールへの取材、採用、講演など、会社に関するその他のお問い合わせはこちら。

お電話でのお問い合わせ / 電話受付
平日9:00~17:00
※営業時間外の対応は音声案内に沿ってご連絡お願い致します。
ホーム > 導入事例 > 珈琲を風味よく保存する窒素ガス